「学校は地域の知的財産」  「自ら語れば、学校はもっと愛される」 
茨城県立潮来高等学校PTA
 
  カウントダウンタイマー
 
チャーターバス運行委員会・PTA役員会開催について
平成28年度卒業証書授与式の挙行について
県立高校で夢をふくらませよう(県教育委員会)

もうすぐ卒業していくみなさんへ
2/2 2/2 H28年度 青少年健全育成茨城県推進大会
     (青少年健全育成県民運動発足50周年記念)

 次代を担う青少年が、夢と希望を持って 心豊かにたくましく成長し、社会の一員として自立に向かって歩んでんでいくことは、県民すべての願いです。しかしながら、近年、子どもたちの不登校や引きこもりが増加傾向にあるほか、家庭や地域の教育力の低下、大人の規範意識の低下、情報化社会の進展による人間関係の希薄化など、青少年を取り巻く環境は大きく変化しており、それに伴い様々な問題が生じてきています。このため、青少年を支える大人、とりわけ親が自らの生き方を省み、姿勢を正して、社会の基本的なルールやマナーを、身をもって実践し、よき手本を青少年に示していくことが必要です。そこで、青少年育成関係者と子育て中の親等が一堂に会し、青少年健全育成に向けての思いを新たにするとともに、家庭における親のあり方や地域社会における大人のあり方について考え、家庭、学校、地域社会が相互に連携しながら青少年健全育成活動のさらなる発展を図るため推進大会が開催されました。
1/27 H28年度茨城県高等学校PTA連合会生徒指導中央大会
 本校から4名で参加しました。茨城県高等学校PTA連合会・茨城県高等学校教育研究会の関係者が、一堂に会した学習の機会として、健全な生徒の育成やPTA活動の充実を図り家庭・学校・地域社会の一体化した連携等に取り組みながら、それぞれの教育力を高めるとともに高校教育の充実・発展を図り将来を託す生徒の健全育成を目的に本大会が開催されました。研究報告・事例発表があり今後のPTA活動に役立てたいと考えます。
1/24 献血ボランティア(PTA学校支援活動)
 献血可能年齢に達する高校生に、献血ボランティア活動を通して献血への理解を深めてもらい、次代の献血者の底辺拡大を図ることを目的に、県立潮来高等学校で献血活動を実施しました。12月に行なわれた献血セミナーの成果もあり沢山の教職員・生徒のみなさんにご協力いただきました。今回も、命の大切さや献血のことなどいろいろとお話ができうれしい限りです。中には風邪をひかないように自ら健康管理をして献血に望んだ生徒さんもおりました、なかなかできないことです我々も見習わなくてはなりませんね、外は冬ですが生徒のみなさんには春がすぐそこまで来ているように感じました、人のために献血をするという優しさは本当は人間の心の強さではないのだろうか、と考えさせられます。人と人との関係、絆、人情、思いやり、の大切さを忘れてはならないと思います。今日の優しさいつまでも大切にしてください。
1/11日~1/20日 文化部発表会(PTA学校支援活動)
 (書道部 、美術部、家庭部、商業部、吹奏楽部、潮来囃子同好会)
 水郷まちかどギャラリーで文化部の発表会が行われました。芸術や文化に関心を持ち、部活動への参加意欲を高め、地域社会や文化の発展に寄与する人間を育成し、企画・練習・制作など一連の過程を通し、創造力を身につけ、豊かな精神の発達と学校への帰属意識の向上を促す目的で潮来高校文化部の発表会が行なわれ、PTAでも学校支援活動として協力しました。
12/9 校内持久走大会が開催されました。
 気温は寒いながらも晴天に恵まれ気持ちよく走ることができたのではと感じました。走り終わったあと、生徒たちは充実感と達成感からとてもいい笑顔を見せていました。みなさんお疲れ様でした。
11/24 H28年度PTA指導者研修会(PTA学校支援活動)
 「特色あるPTA活動」をテーマに、茨城教育月間事業として県立健康プラザでH28年度PTA指導者研修会が行われました。今、生徒たちには、将来、社会的・職業的に自立し、社会の中で自分の役割を果たしながら、自分らしい生き方を実現するための力が求められています。今回、事例発表としてそれぞれ単位PTA独自の課題やユニークな活動発表があり、それらの多くはすべての単位PTAにも共通するものです。また、PTA活動を進めていく場合、単独で行うのでは十分な成果をあげることができないというものもあります。そこで、単位PTAが相互に連携し協力していくことが重要となります。この視点に立って日々の教育活動を展開することこそが、子どもたちの発達の段階にふさわしいPTA活動、将来を大きく左右する高校時代、生徒さん、お子さんが後悔しないようにしたい。そのために、意欲的に働ける未来を迎えるため、教師や保護者には何ができるのか地域社会では何が支援できるのか一緒に考えました。
11/22  H28年度県東地区高等学校PTA指導者研修会に参加
 PTAが社会教育関係団体としての活動を活発に行なうため、県東地区各高等学校で組織されている生徒指導者を対象として、青少年の健全な育成を図ることをねらいとしたPTA活動の在り方等について研究協議し、指導者としての資質向上を図る研修会が開催されました。今回、波崎柳川高等学校・玉造工業高等学校の発表がありました。
11/11~12いばらきものづくり教育フェア

土浦市のイオンモール土浦の協力を得て、茨城県内の高校生が体験・作品展示・販売・ファッションショーを行う「いばらきものづくりフェア」が、2日間にわたり盛大に開催されました。本校からも、商業科で虹どら(あやめちゃんのどら焼き)の販売、人間科学科で作品の展示・お弁当袋の販売・布の花作り体験を実施、そしてファッションショーに参加しました。また、茨城県警主催の反射材ファッションショーに出品した作品も展示されました。始めは緊張感や不安のある様子の生徒たちでしたが、たくさんのお客さんと接し、最後は自信の満ちた充実感のある表情に変化していた気がします。

PTA学校支援活動つづき

チャーターバス
2月のチャターバス
運行について
 
 H28 チャーターバス
運行について
 H28 年度
学校年間行事(予定)
緊急情報メール登録
(学校HPより) 


 

中学3年生のみなさんへ (高校生になるための心構え)
なんらかの事情で高校をやめてしまったみなさんへ (もう一度高校にトライしてみませんか)
毎月、第3日曜日は「家庭の日」です。家庭は、ふれあいと安らぎの場であるとともに、青少年の人格が形成される基盤です。また、人との関係のあ り方や社会のルールを学ぶ場でもあります。これらのことを家庭や地域が再認識し、「心豊かで明るい家庭」づくりを進めることが望まれています。「家庭の日」をきっかけにして、家庭の大切さや家族のあり方について見つめ直してみませんか。 
毎年11月1日は「いばらき教育の日」、11月は「いばらき教育月間」です。茨城県では、教育に対する関心と理解をいっそう深める機会として、毎年11月1日を「いばらき教育の日」、11月を「いばらき教育月間」としました。教育の日を含む教育月間には、学校・家庭・地域社会が連携を図り、県民の皆さん一人ひとりが自主的に教育の日にふさわしい取り組みを行っていただくために、さまざまな取り組みを推進します。
 
 当サイトについて
全国高等学校長協会 全国普通科高等学校長会 茨城県教育研修センター 茨城県ハイスクールガイド  茨城県公立高等学校事務職員研究会
全国高等学校体育連盟 全国高等学校家庭クラブ連盟 茨城県吹奏楽連盟 日本の大学・短期大学  茨城県教育研修センター
全国高等学校文化連盟 全国高体連ボート専門部 茨城県高等学校文化連盟 日本の専門学校  茨城県高等学校教育研究会(商業部)
全国商業高等学校協会 全国高等学校家庭科教育振興会 茨城県高等学校体育連盟 大学入試センター  茨城県高等学校教育研究会(情報部)
全国工業高等学校長協会 全国高等学校長協会家庭部会 茨城県吹奏楽連盟(県東) 大学AO入試  全高P連賠償責任保障制度
 このサイトは、開かれた学校づくりに対応して、潮来高校の教育活動を地域社会・保護者・中学生等に適時発信し災害等に対応した情報伝達手段として、ライオンズクラブ国際協会の青少年支援プログラムより、潮来高校PTA潮来ライオンズクラブで運営しています。PTAや地域社会が、生徒のみなさんを後押しでき学校も保護者の方も一緒に成長できたならうれしいです。また、情報があふれている社会環境の中、生徒のみなさんが夢と希望と目標を持ち明るい未来に向かって元気に歩み続けてくれる事を願っています。
 ※ ライオンズクラブとは、「社会奉仕を目的とする、世界最大の国際的な奉仕団体」です。


Copyright(c) 茨城県立潮来高等学校PTA / 潮来ライオンズクラブ All Rights Reserved

最後まで御覧いただきありがとうございました ↑