「学校は地域の知的財産」  「自ら語れば、学校はもっと愛される」 
茨城県立潮来高等学校PTA
 
  カウントダウンタイマー
 
毎年11月1日を「いばらき教育の日」、11月は「いばらき教育月間」です。

 教育の日を含む教育月間には、学校・家庭・地域社会が連携を図り、県民の皆さん一人ひとりが自主的に教育の日にふさわしい取り組みを行っていただくために、さまざまな取り組みを推進します。
「歩きスマホ」等に関する交通事故等防止について
県立高校で夢をふくらませよう(県教育委員会)
平成27年度 優良PTA文部科学大臣表彰実践例(8ページ目に掲載)


11/24 H28年度PTA指導者研修会(PTA学校支援活動)
 「特色あるPTA活動」をテーマに、茨城教育月間事業として県立健康プラザでH28年度PTA指導者研修会が行われました。今、生徒たちには、将来、社会的・職業的に自立し、社会の中で自分の役割を果たしながら、自分らしい生き方を実現するための力が求められています。今回、事例発表としてそれぞれ単位PTA独自の課題やユニークな活動発表があり、それらの多くはすべての単位PTAにも共通するものです。また、PTA活動を進めていく場合、単独で行うのでは十分な成果をあげることができないというものもあります。そこで、単位PTAが相互に連携し協力していくことが重要となります。この視点に立って日々の教育活動を展開することこそが、子どもたちの発達の段階にふさわしいPTA活動、将来を大きく左右する高校時代、生徒さん、お子さんが後悔しないようにしたい。そのために、意欲的に働ける未来を迎えるため、教師や保護者には何ができるのか地域社会では何が支援できるのか一緒に考えました。
11/22  H28年度県東地区高等学校PTA指導者研修会に参加
 PTAが社会教育関係団体としての活動を活発に行なうため、県東地区各高等学校で組織されている生徒指導者を対象として、青少年の健全な育成を図ることをねらいとしたPTA活動の在り方等について研究協議し、指導者としての資質向上を図る研修会が開催されました。今回、波崎柳川高等学校・玉造工業高等学校の発表がありました。
11/11~12いばらきものづくり教育フェア

土浦市のイオンモール土浦の協力を得て、茨城県内の高校生が体験・作品展示・販売・ファッションショーを行う「いばらきものづくりフェア」が、2日間にわたり盛大に開催されました。本校からも、商業科で虹どら(あやめちゃんのどら焼き)の販売、人間科学科で作品の展示・お弁当袋の販売・布の花作り体験を実施、そしてファッションショーに参加しました。また、茨城県警主催の反射材ファッションショーに出品した作品も展示されました。始めは緊張感や不安のある様子の生徒たちでしたが、たくさんのお客さんと接し、最後は自信の満ちた充実感のある表情に変化していた気がします。

11/11~13潮来市文化祭に美術部・書道部・家庭クラブが作品展示
 潮来市中央公民館に11/11(金)~11/13(日)まで展示されました。
11/9 第二回高校生さわやかマナーアップキャンぺーン(PTA学校支援活動)
 いばらき教育月間の中、 「規範意識の向上」や「マナー意識の向上」を目的として、茨城県と高等学校教育研究会および高等学校PTA連合会共催の「高校生さわやかマナーアップ運動」を市内青少年育成機関・県立潮来高等学校(教職員・PTA・生徒)のみなさんと「高校生さわやかマナーアップキャンペーン」を推進しました。また、登校指導・下校指導において、あいさつの励行や身だしなみの確認などをしながら、生徒の規範意識の向上を地域社会と協力して目指しています。「挨拶は、人間らしく生きるための基本の心である、親に挨拶の心がないと、それは必ず子供にも表れる」
11/5 第二回青少年のための社会環境整備(PTA学校支援活動))
 次代を担う青少年がたくましく心豊かに成長することは、世の全ての親の願いであるとともに、私たちに課せられた重要な使命です。また、それは、社会全体が担うべきものであり、青少年の健全育成に我々一人ひとりがかかわっていくことが重要であるのではと考えます。潮来市内各青少年育成団体・PTAと協力し有害ビラや有害たて看板を撤去し社会環境整備活動をおこないました。「子どもの多様な価値観を認め、家族内のコミュニケーションを図るように心掛け、いつでも地域社会や親が温かく見守り、子どもを孤立させないことが大切です」
11/1 H28年度 第17回「茨城県教育の日」推進大会
 
県民の教育に対する関心と理解を深め,学校,家庭及び地域社会が連携して本県教育の充実と発展を図ることにより,豊かな心と確かな学力を備えた明日の茨城を担う子どもたちを育成するとともに,生涯にわたって自ら学び,郷土を愛し,地域社会の形成に主体的に参画する人づくりを進めるため,いばらき教育の日が設けられています。本校からもPTAで参加しました、今後のPTA活動に役立てたいと思います。
※「優秀標語」表彰 日本放送協会水戸放送局長賞を本校2年粉名内美咲さんが受賞しました「話そうよ 昔みたいに リビングで」 おめでとうございます。
 
 10/20 体育祭が開催されました
10/15 潮来市青少年のつどい (PTA学校支援活動)
 平成28年度「潮来市青少年のつどい」に生徒会・PTAが協力が協力しました。 青少年が日常生活を通じて、日頃考えていることを発表し合うことにより、青少年の将来の希望を育むとともに、青少年の健全育成に対する理解を深める場として毎年実施しています。受付・司会進行・表彰等の運営を潮来高校生徒会が担当しました。また、PTAでは来場された保護者・市民のみなさんに薬物乱用防止のチラシ・も配布し薬物乱用防止啓発活動も推進しました。潮来高校PTAは、学校と家庭が相互の教育について理解を深めあい、その充実に努めるとともに、地域における教育環境の改善・充実等を図るために保護者と教員の協力の下に組織され、生徒たちの健やかな成長を願いつつ、今後も地域の実態に応じ、様々な活動を展開していきたいと考えます。
10/1 潮来高校PTA体育文化後援会合同研修視察 (PTA研修委員会)
 親と教師・地域社会が生徒の幸せを願い、生徒の幸せを図るためにも、情報交換の機会や講演などの研修機会など、今の教育課題をとらえて、PTAは会員に対して教育的素材と学習の機会を豊富に用意することが大切になってきます。
秋空の中、28名参加のもと研修視察をおこないました。コースは、横須賀港(港湾内クルーズ)→昼食→三笠公園→帰校、一日を通して大いに充実したPTA研修となり、会員同士の親交を深めました。企画、運営に当たった研修委員の皆様と参加いただいたPTA各位に感謝申し上げます。 ※研修アンケート結果
9/21 H28年度PTA生徒指導委員研修会(PTA学校支援活動)
 県東地区高等学校PTA生徒指導委員研修会が開催されました。H27年度の事業報告・H28年度の事業計画発表があり、講演会は広岡守穂先生をおまねきして演題「妻が僕を変えた日」を演題に ~ともに認め合い、ともに支えあう生き方へ~ 5人の子どもの父親でもある大学教授が、世のワーキングマザーを冷静な目で、男の目が捉えた“女性が働く”意義とはについて講演をいただきました。 本研修会・講演会が、学校関係者や教育行政に携わる方々にとって、それぞれの学校や地域の課題に応じたよりよい生徒指導の在り方を考える際の一助となった事と考えます。
9/1 鹿島神宮 神幸祭PTA巡視 (PTA学校支援活動)
 生徒の健全育成を何よりも願う潮来高校PTAです。PTAの皆様ありがとうございました。
8/25~26 第66回全国高等学校PTA連合会大会(千葉大会)に参加
 第66回全国高等学校PTA連合会大会(千葉大会)に4名で参加してきました。子どもたちを取り巻く環境が大きく変わってきています。急激な社会の変化、IT革命の進展、マスメディアの発達の中で、子どもたちは何を手にして何を失ってきているのだろうか。自分は何を考え何処を目指すべきか、子どもたち自身が確信を持てずにうろうろしていることがないだろうか。加えて、私たち親もまた、若人のあるべき姿に思いを致し、これからの時代を担う子どもたちと共に真剣に考える時かと思います。成長を見守る側である保護者も、未来に確信が持てなくなっているのが現状です。こうした現代にあって、子どもたちが自ら目標を持ち創造力豊かに成長するために、 私たちは自らできることを先人の知恵に習い、いま一度時代に沿って考え、常に最善の方法を追求する姿勢が大切ではないでしょうか。また、社会の変化はあまりも激しく次々と新たな課題が押し寄せてくる現代、我々は応急手当てに追われています。そのような状況でも未来の姿を思い描きながらPTA活動を通して志ある若者の為に行動していかなくてはいけないと考えさせられた千葉大会でありました。今後のPTA活動に役立てたいと考えます。
8/20 水郷潮来花火大会巡視(PTA学校支援活動)
 
潮来市水郷北斎公園で行われた花火大会で保護者・教職員、地域育成団体が合同で巡視し、青少年の事故未然防止に努めました。PTAや地域の巡視活動は、大人が安全に取り組む姿を見せ続けることにより、生徒の安心につながると考えます。
8/13 安全祈願(PTA学校支援活動)
8/5~8/7潮来祇園PTA祭礼巡視 (PTA学校支援活動)
 生徒の健全育成を図る上で、問題行動の早期発見・早期指導は極めて重要な意味をもちますが、その活動の中心となるのは街頭指導であると考えます。潮来高校ではPTAを中心に、地域に密着した生徒指導活動を展開しています。青少年をとりまく環境は年々複雑かつ多様化し、生徒の健全な成長を阻害する幾多の要因を生み出してきています。その結果、非行の増加・低年齢化をはじめとして情緒の安定を欠いたり、対人関係がうまくとれないなど、変化する環境に適応できない子どもたちが目立って増えてきています。夏休み中は、生活のリズムを崩し、心身のバランスも乱れ、本来打ち込むべき学業にも影響を来します。巡視(校外声掛け運動)は、地道な取組みではありますが、最も重要な活動だと私達は考えます。
 7/12 H28年度 第一回潮来市学校警察連絡協議会への参加 (PTA学校支援活動)
  夏休みに向けた学校警察連絡協議会 近年,少年による非行が凶悪化・低年齢化の傾向にあることに加え,児童生徒が犯罪の被害者になる事件が多発しています。児童生徒の非行や問題行動に対しては,早期発見・早期対応が要請されるところであり,犯罪被害防止についても,青少年育成機関・学校と警察署が情報交換を行い,連携を一層強化させることが求められています。また、学校と警察が児童生徒に係る問題行動等の情報の共有化を図ることにより,児童生徒の健全育成及び非行防止並びに犯罪被害予防を行おうとするものです。
7/8~9 第62回関東地区高等学校PTA連合会大会山梨大会
 第62回関東地区高等学校PTA連合会大会山梨大会に参加してきました。今日、未来を拓く子どもたちに自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動する力や豊かな人間性などの「生きる力」を育むことが求められています。関東地区高等学校PTA連合会の会員が一堂に会し、健全でたくましい心身と優れた知性をもち、創造性に富み国際感覚豊かな青少年を育成するため、各県におけるPTA活動についての情報や意見の交換を行い、PTAの望ましいあり方を探求しました、今後のPTA活動に役立てたいと考えます。
PTA学校支援活動つづき

チャーターバス
 11月のチャーターバス
運行予定
 H28 チャーターバス
運行について
 H28 年度
学校年間行事(予定)
緊急情報メール登録
(学校HPより) 


 

中学3年生のみなさんへ (高校生になるための心構え)
なんらかの事情で高校をやめてしまったみなさんへ (もう一度高校にトライしてみませんか)
毎月、第3日曜日は「家庭の日」です。家庭は、ふれあいと安らぎの場であるとともに、青少年の人格が形成される基盤です。また、人との関係のあ り方や社会のルールを学ぶ場でもあります。これらのことを家庭や地域が再認識し、「心豊かで明るい家庭」づくりを進めることが望まれています。「家庭の日」をきっかけにして、家庭の大切さや家族のあり方について見つめ直してみませんか。 
毎年11月1日は「いばらき教育の日」、11月は「いばらき教育月間」です。茨城県では、教育に対する関心と理解をいっそう深める機会として、毎年11月1日を「いばらき教育の日」、11月を「いばらき教育月間」としました。教育の日を含む教育月間には、学校・家庭・地域社会が連携を図り、県民の皆さん一人ひとりが自主的に教育の日にふさわしい取り組みを行っていただくために、さまざまな取り組みを推進します。
 
 当サイトについて
全国高等学校長協会 全国普通科高等学校長会 茨城県教育研修センター 茨城県ハイスクールガイド  茨城県公立高等学校事務職員研究会
全国高等学校体育連盟 全国高等学校家庭クラブ連盟 茨城県吹奏楽連盟 日本の大学・短期大学  茨城県教育研修センター
全国高等学校文化連盟 全国高体連ボート専門部 茨城県高等学校文化連盟 日本の専門学校  茨城県高等学校教育研究会(商業部)
全国商業高等学校協会 全国高等学校家庭科教育振興会 茨城県高等学校体育連盟 大学入試センター  茨城県高等学校教育研究会(情報部)
全国工業高等学校長協会 全国高等学校長協会家庭部会 茨城県吹奏楽連盟(県東) 大学AO入試  全高P連賠償責任保障制度
 このサイトは、開かれた学校づくりに対応して、潮来高校の教育活動を地域社会・保護者・中学生等に適時発信し災害等に対応した情報伝達手段として、ライオンズクラブ国際協会の青少年支援プログラムより、潮来高校PTA潮来ライオンズクラブで運営しています。PTAや地域社会が、生徒のみなさんを後押しでき学校も保護者の方も一緒に成長できたならうれしいです。また、情報があふれている社会環境の中、生徒のみなさんが夢と希望と目標を持ち明るい未来に向かって元気に歩み続けてくれる事を願っています。
 ※ ライオンズクラブとは、「社会奉仕を目的とする、世界最大の国際的な奉仕団体」です。


Copyright(c) 茨城県立潮来高等学校PTA / 潮来ライオンズクラブ All Rights Reserved

最後まで御覧いただきありがとうございました ↑