カテゴリー

カウンタ

全アクセス数  346399
今日のアクセス数  508
ユニークアクセス数  50322
今日のユニークアクセス数  36


今月の予定

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

3.学校評価(平成28年度 第2回目)

  
ここでは,2月に実施した平成28年度の第2回目の保護者・児童からの学校評価と教員の自己評価についてお知らせしています。
集計の結果から,『そう思う』+『まあそう思う』を【良い点】,『あまりそう思わない』+『そう思わない』を【改善点】と捉え,分けて記述しました。
お忙しい中,評価アンケートにご協力いただき,ありがとうございました。
学校評価

学校評価

《児童・保護者アンケートより》

【良い点】

 

・児童,保護者,教員とも,「児童は友達と協力し合い,楽しく生活している。」「児童は元気に学校に通っている。」に対し,肯定的な意見が
95%を超えて,高い割合を示しています。

・児童や保護者は「基礎・基本の定着」についても肯定的な回答が多く,学習の基礎が身に付いていると感じている児童や保護者が多いことがわかりました。個に応じた指導やチャレンジタイムなどの日常の取組,家庭学習の習慣化の成果と思われます。

・保護者は「情報の提供」についても評価が高くなっています。日々の学校ホームページの更新をはじめ,学年だより,保健だより等,保護者の皆さんが,より学校を身近に感じていただけるように工夫を重ねていきたいと思います。

・「心の教育」については,「道徳の授業」だけでなく,あらゆる教育活動の中で行っています。学校行事や学級での取組など,学校や担任が力を入れていることについて,児童や保護者の皆さんから,肯定的な評価を高くいただいていること,特に児童が実感していることはとても嬉しいです。

・「家庭学習を毎日行っている」という質問においては,昨年度,児童84.5%,保護者81.7%から,今年度,児童94.6%,保護者84.8%となりました。これは,家庭学習の大切さを理解し,ご協力くださっている保護者の皆様のおかげと感謝しております。一定時間机に向かう習慣は早期の方が身に付きやすいです。今後も児童に確かな学力が身に付くようご家庭と学校が協力して行けたらと思います。


【改善点】

 

・児童,保護者とも「私にはよいところがある」「お子さんは自分のよいところがわかっている」について否定的な回答が他と比較して多くなっています。自分のよさは,他の人に認められることで自覚し,それが自信となり更に伸びてゆくものと考えます。帰りの会で行っている「いいとこ見つけ」では,友だちのよいところやよい行いをみんなに知らせ合う活動を行っています。今後も,学校では子どもたち一人一人のよさを認め,励ます活動を続けていきます。

・「あいさつ」については,児童,教員,保護者の順に評価が厳しくなっています。あいさつをされれば返せるけれど,自分からはできない子も多くいます。学校では明るくあいさつをし合う気持ちよさを感じてもらい,それを自分の習慣に取り入れられるようにと,地域の方のご協力もいただき,あいさつ運動を行っています。しかし,最も有効なのは身近な大人が見本となることと考えます。学校では,私たち教員が見本となって気持ちのよいあいさつに努めていきます。そして,自分から進んであいさつができる子を一人でも多く増やしていきます。

・「学校や生活について,学校の先生に相談しやすい」について,そう感じていない児童が少なからずいます。休み時間や給食時間など,何気ない会話を交わす中から,先生に相談しやすいと感じる人間関係を気づいていくよう努めます。また,毎月の生活アンケートや教員同士の情報交換などからも,子どもたちの変化をとらえて対応し,安心して学校生活を送れるように努めます。

 

ご協力ありがとうございました。