カテゴリー

カウンター

全アクセス数  1251498
今日のアクセス数  34
ユニークアクセス数  139722
今日のユニークアクセス数  23

学校長あいさつ

kurihara 令和2年度がスタートしました。4月6日に実施した第1学期始業式において,改めて校訓の意味の確認と今年度の教育目標の伝達を行いました。

本校の校訓は,「学び 磨き 思いやる」です。今から9年前に,旧麻生中学校と麻生第一中学校が統合して新生麻生中学校が誕生しました。その際に,二つの学校の生徒が良い意味で切磋琢磨することでお互いを高め合い,その結果,学校も確実に成長していくことを願ってつくられたものです。その意味を一人一人が理解し意識しながら頑張ってほしい旨を伝えました。

そして,教育目標は,「志高く 逞しく 切り拓く」であり,今年度の組織目標が,「主体的に考え 判断し 勇気をもって行動できる」です。これらの目標が全ての活動の判断基準となってきます。例えば,体育祭,「自分は今,何をすることが所属する団にとって最善なのか?」,修学旅行,「この行事の目的を達成する為には,自分は何を心掛ければよいのか?」というようにとらえて欲しいと思っています。そして,このコンセプトは,学習活動や部活動でも同様です。生徒も職員も常に心に留め置き,頑張ってくれることを期待しています。

保護者の皆様や地域の皆様のご支援・ご協力を頂きながら,麻生中学校が更なる躍進を遂げ,地域に誇れる学校となるよう,職員一丸となって頑張って参ります。

令和2年4月6日  行方市立麻生中学校長   栗原  秀雄