ジュニアのためのフットサル・サッカー練習専用グラウンドが鹿嶋にオープン!環境抜群、合宿に最適!レジャーにもオススメです!
フットサル・サッカー合宿ならおまかせ!茨城県鹿嶋市旅館三笠山
home イベント グラウンドのご案内 料金プラン 館内案内 アクセス 観光ガイド
周辺観光ガイド


歴史と文化のまち鹿嶋
「鹿島アントラーズ」のホームグラウンドでもある鹿嶋市はスポーツのまち。スポーツ施設も充実しているので、観るだけではなく、プレイする楽しさも十分に味わえます。また、鹿島神宮をはじめとする史跡や古代遺跡が点在する歴史のあるまちでもあります。その一方では現代日本を支える鹿島臨海工業地帯を擁し、新旧の歴史が見事に調和した「歴史と文化のまち」なのです。

 ●茨城県立カシマサッカースタジアム 言わずと知れた鹿島アントラーズのホームスタジアム。


収容人数41,800人、国際試合に対応した本格的サッカー専用スタジアム。2002年のワールドカップでは、数々の名勝負が繰り広げられました。2000年、Jリーグ初の3冠を成し遂げた鹿島アントラーズのホームスタジアムです。
【当館より車で5分】
 ●鹿島アントラーズクラブハウス アントラーズの練習風景が見学できる


クラブハウスに隣接する広大なグラウンドには観客席が設けてあり、鹿島アントラーズの練習風景を自由に見学する事ができます。クラブハウスの1階には「クラブショップ」があり、アントラーズグッズなどの販売が行われています。また室内にはチームに関する情報やポスターもいっぱいです。クラブハウスの中庭には「鹿ガーデン」があり、食事や喫茶も楽しめ、サポーターの憩いの場となっています。
【当館より車で6分】
 ●鹿島神宮 東国三社に数えられる名社


三が日の初詣には、約50万人の人が訪れる鹿島神宮。創建は皇紀元年(紀元前660年)と伝えられ、東国三社のひとつに数えられています。古くからの禊の場である御手洗(みたらし)や地震を起こす大ナマズの頭を押さえているといわれる要石(かなめいし)などがあり、宝物館には国宝の「直刀」も展示されています。徳川秀忠公より奉納された社殿は桃山期の建築美が見もの。境内には奈良の鹿とゆかりのある鹿園もあり、訪れる人たちの人気者になっています。Jリーグ「鹿島アントラーズ」のアントラーとは鹿の角のこと、この鹿島神宮の鹿にちなんで命名されました。(写真は大鳥居と拝殿)
【当館より車で2分】

 ●下津・平井海岸 どこまでも青い水平線が自慢です。


水質が良好な鹿嶋市の海岸は、透き通ったコバルトブルーの水が特徴。夏は県内外からの家族連れの観光客でにぎわい、年間で10万人以上の人が訪れます。また、サーフィンスポットとしても有名です。
【当館より車で6分】
 ●鹿島港魚釣園 手軽に楽しめる鹿島港の釣りスポット


鹿島港の中央航路入り口にある「鹿島港魚釣園」は投げ釣りでの低物狙いが安定しているスポット。子供から大人まで楽しめると評判です。園内には安全地帯や休憩所なども設置されており、安全で快適な魚釣りが楽しめます。得に注目なのはアイナメ。ほぼ一年中あらわれ、春先には30〜40センチの大型を狙うチャンスも!
【当館より車で7分】
 ●北浦 週末は多くのアングラーで賑う、バスフィッシングのメッカ
四季折々に豊かな表情を見せる北浦は、コイ・フナ・ワカサギ・ブラックバスなどの淡水魚の宝庫。また例年8月下旬には鹿嶋市花火大会が開催され、約5000発の花火が湖畔の夜空を彩ります。
【当館より車で5分】


HOME | イベント | グラウンドのご案内 | 料金プラン | 館内案内 | アクセス | 観光ガイド ページの上部へ