HOME > 学校生活 - 人ことカシマ >理科 チアダンス部顧問 野村 美晴

人ことカシマ

第23回 [2016年5月21日]
理科 チアダンス部顧問 野村 美晴
野村 美晴

 鹿島学園で理科教員をしております、野村です。今年度は生徒会を担当しており、学校行事に携わっております。
 6月11日(土)、12日(日)は文化祭です。実行委員と生徒会らが中心となって行事を盛り上げようと、毎日みんな頑張っています。
 今年のテーマは「輪〜今私たちに出来ること〜」です。これは実行委員が「熊本や九州で被災した人たちのために何か出来ることはないか、この文化祭で少しでも役に立つことをしたい」という気持ちで考えたテーマです。
 行事である文化祭を通して、部活動の生徒がステージの上で緊張しながら発表したり、今まではリーダーシップが無かったような生徒が積極的に発言や行動をしたり、またリーダー以外の生徒も協力して影ながらクラスをまとめていたりと、日頃ご家庭では見られない姿が学校で見られるかもしれません。
 行事は生徒が成長できるきっかけになると私は思います。「あの文化祭での一体感は忘れない。この経験を糧に自分はもっと色々なことに成長したい」そんな生徒か何人も現れたら、この文化祭は成功だったと思えるはずです。皆様の来校を心よりお待ちしております。