HOME > 学校生活 - 人ことカシマ > 国語科 安達 妙子

人ことカシマ

第12回 [2015年10月14日]
国語科 安達 妙子
安達 妙子

「充実した一日は充実した眠りをもたらす。充実した一生は充実した死をもたらす。」はレオナルド・ダ・ビンチの言葉だが、私は死ぬまで充実して生きていこうと心に決めている。

いつでも人間としての成長を欲している。
常に目標は持つ。少しずつでもいい。前進することで、人間としての成長を遂げていく。
そうすると、自然に毎日は充実していく。
がむしゃらに事を遂げた後はいつでも爽快だ。
楽しい。

高校生のみなさんには充実した高校生活を送ってほしい。
卒業した後でも、人生の中で基盤となっていく何かをここで培ってほしい。
人間として成長すべく、努力してほしい。
いつでも目標をもってほしい。
いくつになっても目標は持てる。
どんな目標でもいい。それを達成しようとがんばってほしい。

充実した生活を繰り返し行っていくことで、卒業後に一生の宝物になる高校生活を行うことが出来るだろう。
スポーツでもいい、勉強でもいい、行事活動でもいい。
自分のことでもいい、友人のことでもいい、家族のことでもいい。
とにかく、ひとつのことに精一杯努力できる人間になって、それがあたりまえのようにできるようになって、自分の糧となってくれることを心から望んでいます。

楽しい高校生活を!