HOME > 学校生活 - 人ことカシマ > 数学科 藤森 佑也

人ことカシマ

第9回 [2015年8月31日]
数学科 藤森 佑也
藤森 佑也

 私は数学の授業を担当しています。 授業で一番大切だと思うのは,楽しい授業であるかどうか,つまり生徒が楽しんで学習できているかどうかです。 楽しい授業というのは,単に笑いがあるということだけではなく,生徒が前向きに取り組み,その時間を有意義に過ごせなければなりません。
 そのため,私は毎日のように授業前にプレッシャーを感じていますが,鹿島学園の生徒たちは底抜けに明るく,こちらが1しか質問していないのに, 5も6も返してくるため,自然とクラス内は活気に溢れ,楽しい授業になります。 これはとても素晴らしいことだと思いますし,私としても授業がやりやすく,助かっています。
 ただし,まだ高校生ということもあり,時と場合を考えて行動することが苦手な生徒も多いのが現状です。 けじめのない明るさは明るさではないように,生徒たちには自分の長所を自分の短所で消してしまうようなことはしてもらいたくありません。厳しい指導が入るときもあると思いますが,さまざまな経験を積んで,人間的に豊かになってもらいたいです。