HOME > 学校生活 - 人ことカシマ > 体育科 ソフトボール部顧問 神山 里美

人ことカシマ

第6回 [2015年7月28日]
体育科 ソフトボール部顧問 神山 里美
神山 里美

こんにちは。体育科・ソフトボール部顧問の神山です。
みなさんは志を持って取り組みその中で学んでいることはありますか?
私は長年ソフトボールを専門として行ってきましたが、 常に上を目指せるよう取り組んできました。
その中で学んだことは多くありますが、今になっても残っているものは 技術もありますが、それ以上に、人として社会に出るための事を多く学びました。
一番私が生徒達に伝えたい事は「みんなから愛され、多くの人に本気で応援してもらえる人になること」です。
人は誰でも1人で生きていくことはできません。必ず誰かに助けてもらいながら生きています。
自分が人を助ける時にはどんな人に手を貸したいか。
考えれば自ずと自分の行動が決まってきます。
いざというときに助けてもらえるような人間になる為には、日頃の自分自身の行動にあります。
みんなから愛され、本気で助けてもらえる人になれるよう、努めていきましょう。