HOME > 学校生活 - 人ことカシマ > 事務局 立花 侑子

人ことカシマ

第4回 [2015年7月15日]
事務局 立花 侑子
立花 侑子

こんにちは。事務局の立花です。 皆さんは高校生になって諦めてしまったものはありませんか?
たとえ小さくても続けることに意味があると思います。
私は小学生から吹奏楽を続けています。結果がでた事もあればそうでない事もありました。
しかし、そこで諦めてしまうのではなく、次の目標へと向けて練習をしてきました。社会に出てからも恵まれたことに楽器と共に生きる道を歩いています。
様々な仕事を経てこちらに参りましたが、吹奏楽のお陰で鹿島学園の教員、生徒、その保護者の方々に出会うことが出来ました。さらに吹奏楽部の活動にも参加させて頂いています。楽器というひとつのもので沢山の繋がりをもてたことに感謝しています。
吹奏楽に限らず、何でも続けていればいつか役に立つ瞬間があります。生徒にはその瞬間の為に諦めずに継続してほしいです。