HOME > 学校生活 - 人ことカシマ > 国語科 軟式野球部顧問 泉 一幸

人ことカシマ

第1回 [2015年6月23日]
国語科 軟式野球部顧問 泉 一幸
生徒には「文武両道」を目指して欲しい!
泉 一幸

鹿島学園には、部活動を頑張りたいという生徒がたくさんいます。アントラーズユースの生徒も通っています。仲間とともに、目標に向かって切磋琢磨する高校生の姿は素晴らしいもので、もうすぐ半世紀を生きようかという私自身も活力をもらっています。鹿島学園での3年間は、生徒の皆さんにとって掛け替えのないものとなるでしょうし、そうしなければなりません。
そこで、私がいつも生徒の皆さんに言っていることは、「メリハリのある行動」と、「掃除をしっかりする」ことです。
高校生にとって、勉強もとても大切です。進学するにせよ、就職するにせよ、高校の勉強は一生の基礎となります。鹿島学園の生徒の皆さんには、「文武両道」を目指して欲しいのです。
また、掃除をサボる人は、スポーツでも勉強でも結果を出せません。自分の教室、自分の部屋、通学路などを掃除することは、自分の心をキレイにすることだと思います。鹿島学園の生徒の皆さんが、充実した高校生活を送り、社会で活躍することを心から願っています。