ライオンズクラブの歴史
  ライオンズクラブって何でしょう?
わかりやすく一言で説明するとしたら、ライオンズクラブとは「社会奉仕を目的とする国際ボランティア団体」です。
会員は年会費を払って各地域のクラブに所属し、その会費をアイバンク支援などの活動費に割り当てるのです。
さらにクラブ会員(通称ライオン)は、清掃奉仕や献血の呼びかけ、さまざまな地域での活動にも数多く参加しております。
社会奉仕に少しでも関心をお持ちのかたは、一度 ライオンズクラブの「例会」 を覗いてみませんか?
ライオンズクラブはみなさんの近くに必ずあります。
ライオンズクラブ国際協会の目的      (ライオンズクラブ国際協会公認プログラム)

世界の人々との間に相互理解の精神をつちかい発展させる

よい施政とよい公民の原則を高揚する

地域社会の生活、文化、福祉および公徳心の向上に積極的に関心を示す

友情、親善、相互理解のきずなによってクラブ間の融和をはかる

一般に関心のあるすべての問題を自由に討論できる場を設けるただし、政党、宗派の問題をクラブ会員は討論してはならない

奉仕の心を持つ人びとが個人の経済的報酬なしに社会に奉仕するようはげまし、また、商業、工業、専門職業、公共事業および個人事業の能率化をはかり、道徳的水準をさらに高める

スローガン
Liberty, Intelligence, Our Nation’s Safety
(自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる)
モットー
We Serve (われわれは奉仕する)
ライオンズの誓い
われわれは知性を高め、友愛と相互理解の精神を養い、平和と自由を守り、社会奉仕に精進する
 ライオンズクラブの歴史  用 語  

   ライオンズ道徳綱領

  • 職業に対する不断の努力が正しく賞賛されるように心がけ、自己の職業の尊さを確信すること。
  • 事業を成功させて、適正な報酬や利益は受けるべきであるが、自己の立場を不当に利用したり、人に疑われる行いをして自尊心を傷つけてまでも利益や成功を求めないこと。
  • 事業を遂行するにあたっては、他人の事業を妨害しないように心掛け、顧客や取引先に誠実であり、自己にも忠実であること。
  • 世人に対する自己の立場や行いに疑いが生じた時は、世人の立場に立って解決に当たること。
  • 真の友情は損得の上に築かれるものでなく、心と心の触れ合いによるものであることを自覚し、手段としてではなく目的として友情を持つこと。
  • 国家及び地域社会に対する公民の義務を忘れず、かわらぬ忠誠を言動に表し、すすんで時間と労力と資力をささげること。
  • 不幸な人には同情を、弱い人には助力を、貧しい人には私財を惜しまないこと。
  • 批判は謙虚に、賞賛は惜しみなく、建設を旨として破壊をさけること。

Copyright(c) 潮来ライオンズクラブ All Rights Reserved.